仕事をしながらスキルアップしよう|ベンチャー企業への就職がお勧め

婦人
  1. ホーム
  2. 会社独自のテストを受ける

会社独自のテストを受ける

オフィス

世界的判断もできます

派遣社員は、即戦力として企業側が求めている場合も多く、予め必要となる能力基準を聞いておく事もポイントになります。英語を活かしたい人にとっても、どこまでのレベルが必要とされるのかを把握する事が、仕事での活躍にも繋がります。派遣社員としての英語の能力は、いくつかの内容から判断が可能になります。例えば、英語の能力については、資格試験が複数存在しています。資格によって、点数や級などを示す事で、能力レベルが判断できます。留学経験などがある人は、実践的な英語に関する能力が高いと見込まれます。しかし、帰国してから何の資格も有していないと、第三者目線での判断ができません。帰国後は、間を余り空けずに資格試験を受けておくと、レベルを落とさずに能力を証明できます。国内でも、全国的に共通する英語の試験、あるいは世界的な規模で通用する試験などが受けられます。派遣社員として勤務する際には、前もって自身の英語レベルを試験などで把握しておく事が事前準備になります。また、派遣社員の場合には、仲介する役割として派遣会社の存在があります。企業が求める人材を適切に判断するために、派遣会社独自の英語テストなどを実施しています。貿易事務や英文会計などの職種でも、試験を受けた上で、結果によって企業への派遣に繋げています。派遣会社についても、様々な業種を扱う場合もあれば、外資系企業を対象とし、英語能力が高い人だけを紹介する会社もあります。派遣先企業が外資系、英語を多用する現場という場合には、会話や聞き取りなどのレベルチェックが行われます。