仕事をしながらスキルアップしよう|ベンチャー企業への就職がお勧め

婦人
  1. ホーム
  2. 建築士を目指す方へ

建築士を目指す方へ

住宅模型

建築士に求められるスキル

一級建築士という資格を聞いたことがある人は多いと思いますが、具体的にどのような職業にいかされているのか知っている人は実は少ないのではないでしょうか。特に一級建築士の求人を探している人にとって、必要とされるスキルを認識しておくことは大変重要です。まず、建築士になるには資格が必要です。建築士資格には3種類あり、難易度の高い順番に、一級建築士、二級建築士、木造建築士となっています。難易度の高い資格を取得すると、設計や工事管理で取り扱うことのできる建築物が多くなり、幅広い仕事をこなすことができるようになります。資格を取得するだけでも膨大な量の知識を身につけねばならず、大変な努力が必要となりますが、建築士は知識があるだけでは務まりません。企業や設計事務所が求人を出す際は知識だけではなく、独創性やセンス、実力ある人材を探しています。特に一級建築士に関しては二級建築士としての実務経験があることを前提として求人を出している場合がほとんどです。では、知識以外にはどのようなスキルが求められているのでしょうか。まず一つ目は、パソコンスキルです。現在建築士の仕事では、図面の作成にパソコン操作が欠かすことができないものとなっています。また、図面作成以外にも、見積もりの作成や財務関係の管理など、あらゆる面でパソコン操作が必須となります。これに加え、手書きで間取り図などがすぐに書ける能力も重要です。お客様の要望を聞いてすぐに図面に起こすことができれば、仕事も柔軟に進みやすくなります。また、お客様と話し合いをしながら進める仕事ですので、丁寧なコミュニケーションができること、分かりやすい説明ができることも大切です。このほか、先に述べた通り、独創性や美的センスも求められます。一級建築士になるのは大変難しく、求人に応募しても不採用となる人も多くいます。しかし他の人にはできない大変やりがいのある職業です。